☆てぃーんとっぴんぐ!!!!! ~365,Always ニエリキ♡ 時々93line~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
gag-mag.jpさんがレッツゴーのレポートを載せてくださいました^^
なんというか…すごくしっかり見て下さっているのが、読んでいるとひしひしと感じられて…!
ホロリとさせられた!

この記者さん、エンジェル覚えてくるっていう宿題のこともしっかり書いてくれてる!
あなたはエンジェルなのか…???いっそなってー!!!!><



ボーカルについての話とか、バラエティの力のこととか、ニエルくんの声量とか…
ツボがしっかり押さえられていて、すばらしい!!!!
ネット記事にしておくのがもったいなくらい!!!


素敵な記事を書いてくださって、本当にありがとうございます。+゚(゚´Д`゚)゚+




写真もほんっと素敵なのを選別されてます^^
*****************************************





7月10日にデビュー3周年を迎えたばかりのTEENTOPが、5月に “TEENTOP「No.1」
Asia Tour in Japan”から2か月弱で日本でのアンコールコンサートを実現!


TeenTop:ing!!!!!
(c)KNTV



7月14日・15日の2日間、パシフィコ横浜国立大ホールにて、日本オリジナル公演
『レッツゴー!夏休み!TEENTOP SUMMER SPECIAL CONCERT』を開催した。

今回のコンサートはチケット発売5分後に完売するという快挙。
旬のグループの勢いとアーティストへの進化を感じさせるステージを堪能した。

3年前、『拍手(Clap)』でデビューを飾ったあの幼い少年たちが、
まさかこんなに成長した姿を見せてくれるなんて誰が想像しただろう。今
回のコンサートは5月に続き、生バンドとコーラスを携えた本格ライブ仕様。
彼らのトレードマークとなった刀の切れ味のように揃った“カルグンム”はそのままに、
生歌で歌いきる驚きのパフォーマンスを披露してくれた。

TeenTop:ing!!!!!
(c)KNTV



ひまわり、浮き輪などで飾られた夏休みの雰囲気いっぱいのセットで飾られたステージに
全身ホワイトの爽やかな衣装でTEENTOPが登場すると、会場は一気にヒートアップ。
はじけるようなサウンドの『Walk by…』から今回のコンサートはスタート。
『僕と付き合う?(Be ma girl)』へと続いてダンサブルに魅せた。
そして「昨日、日本に来たんですが、韓国より暑くてびっくりしました。
でもこの暑さに負けないくらい今日は盛り上がります!」というL.JOEの言葉に応えるように
会場からも大きな歓声。CHANGJOが「今日のコンサートのタイトル知ってますか?」とメンバーにふると、
NIELは「知ってる!I Know!!」とつかえながらタイトルを言った後に「…長い(笑)」と一言。
慌てて「僕たちの夏の思い出を話してみましょうか」とNIELが話し出すと、
CHUNJIが「ああ、NIELくんが思い出いっぱいあるそうですよ、7つくらい」とやり返し、
結局NIELが自分で話す羽目に。

TeenTop:ing!!!!!


(c)KNTV



「夏は…僕の誕生日(8月16日)があります。それと僕たちTEENTOPは夏にデビューしました。
皆さんに会ったのは夏でしたよね?」と話し、彼らが準備したという夏の曲、EXILE のSummer Time Loveを
日本語で披露した。さらにヒット曲『香水をつけないで』へ。5月のコンサートではミディアムテンポ
バージョンで披露されたこの曲は、今回オリジナルバージョンでかわいらしい振付を見せてくれた。
『手の甲がかすめる』はメンバーがステージに散って、各所から歌うという演出だったが、
ラッパーコンビのL.JOEとC.A.Pが二人でカップルのように座ると、会場は大騒ぎだった。
続く『Hello』では、CHUNJI 、NIEL、CHANGJOのボーカルメンバーが曲をしっかりと聴かせてくれた。

TeenTop:ing!!!!!
(c)KNTV



次の転換中の映像では、TEENTOPの団結力クイズという名のもと、メンバーが同じ回答ができるかに
挑戦したものの、これが意外に当たらない。サービス問題の「TEENTOPが一番愛しているのは?」
という質問には、当然ファンクラブ名でもある「ANGEL!」の答えが返ってくると思いきや、
なんとC.A.Pが「お母さん」と答えてしまい、メンバーから非難の嵐!何とも自然体のTEENTOPらしい
やりとりが映された。


TeenTop:ing!!!!!
(c)KNTV

TeenTop:ing!!!!!
(c)KNTV

TEENTOPの揃ったグループダンスとはまた違った魅力を放つのが各メンバーのユニットやソロのステージ。
今回は、前回とはガラリと構成を変えて初披露の曲で揃え、大人のムードを漂わせる選曲と演出で、
一段とスケールアップしたステージを見せてくれた。ラッパーのC.A.Pは歌にも挑戦しNellyの
『Hey Porshe』をリズミカルに歌った。L.JOEはEpik Highの『寒い』を選んだ。
幻想的な女性コーラスの導入部の後、ステージ上部にL.JOEの姿が浮かび上がった時には客席からはざわめきが。コーラスとラップの調和で客席を魅了した。

TeenTop:ing!!!!!
(c)KNTV

TeenTop:ing!!!!!
(c)KNTV

またNIELが今回のソロステージに選んだChris Brownの『Say Good Bye』は、
彼の声質にもよく合っており、声量も申し分なし。R&Bのタメやテンポの速い曲が得意な彼らしいボーカル、
しなやかなダンスとともに圧倒的なパフォーマンスを披露した。
そして今やグループ内一番の長身となった最年少のCHANGJOは、パフォーマンス力も著しく成長!
今回はJason Mrazの『Butterfly』に挑戦した。
じつは足を怪我していたというCHANGJOだが、それをまったく感じさせない力強いダンスだった。

TeenTop:ing!!!!!
(c)KNTV



CHUNJIとRICKYの二人はパク・ヒョシンの『愛がほしい』でしっとりとしたバラードを聴かせた。
初の組み合わせだが、高音が伸びる安定したボーカルのCHUNJI と優しい声質のRICKYのハーモニーも
また新しい楽しみとなった。

ブラックミュージックやポップミュージックがはまるNIELのボーカルに注目が集まりがちだが、
本格バラードを歌いきるCHUNJIの存在感も大きい。導入部などを任されるようになった末っ子コンビも加わり、
ボーカルに広がりが出てきたのが最近のTEENTOPともいえる。

TeenTop:ing!!!!!
(c)KNTV



『To You』は細かいステップと高さまで揃ったジャンプというダンスの完成度に毎回驚かされるが、
今回もその例外ではなく、ステージ後半にここまで息切れしないのはさすが。
「次の曲は僕たちが色々なことを思い出す曲です」と紹介された『Supa Luv』
、そして『拍手(Clap)』は、初期TEENTOPを象徴するような楽曲。とくにスペーシーな曲調と
独特のダンスが際立つ『Supa Luv』は今見ても新鮮だ。


TeenTop:ing!!!!!


(c)KNTV

今回のコンサートでは夏休みというコンセプトらしく、客席と一緒に楽しむための仕掛けも。
転換中に『Miss Rightを楽しむ方法』と題された映像が流され、アフロヘアのかつらに瓶底メガネ、
白衣を着たDr.ニエルが登場し、うちわを持ってファンになりきったメンバーとともに最新曲『Miss Right』
を楽しむ方法を伝授してくれた。この曲ではサビ部分の“クニョ!”を狂ったように叫ぶのがポイントだとか。「そうするとかなり残念な顔を世間にさらすことになります。でも大丈夫、誰も見ていません」と
Dr. ニエルのコメントが続き、会場は爆笑。バラエティー力もアップしてきたことがわかる楽しい映像だった。
すぐに始まった『Miss Right』ナンバーでは、会場が “クニョ!!と叫び、大いに盛り上がったのは
言うまでもない。

最後のMCでは感謝の気持ちと決意を述べるようなコメントが。


TeenTop:ing!!!!!


(c)KNTV



「本当に楽しい時間でした。皆さんの愛のおかげでアンコール公演までできました。
僕たちTEENTOPはもっとカッコイイ姿で皆さんに愛をお届けしたいと思います(NIEL)」

「さらに大きなコンサート会場で皆さんにお会いできるように、もっと一生懸命頑張ります(CHANGJO)」

「こんなにTEENTOPと僕(笑)を愛してくれてありがとうございます。
(日本語で)私は今日がいいです(C.A.P)」

「TEENTOPはまだまだ色々なことを準備しているので待っていてくださいね。
(日本語で)離れていても応援してください(CHUNJI)」

「日本の皆さんとは頻繁に会えないのに、応援してくれてどうもありがとうございます。
もっと頑張るので皆さんの気持ちも変わらなかったら嬉しいです(L.JOE)」

そして日本語のコメントを一生懸命準備してきたから最後!と回されたRICKYは
「ここにいる皆さん、すごくきれいです。本当に愛してるよ!」と日本語で言い切って会場から
大きな歓声を浴びた。

TeenTop:ing!!!!!
(c)KNTV



ラストはやっぱりこの曲、彼らを一位に押し上げた『CRAZY』!
そしてアンコールには、彼らのファンクラブの名前を冠した『Angel』。
5月のコンサート時に、マイクを客席に向けたときに韓国語歌詞を唄えなかったファンに、
メンバーがアンコール公演の時は一緒に歌えるよう歌詞を覚えてきてね、とリクエストしていたのだが、
それに応えるように、サビ部分を会場全体で大合唱。天井からはハート型の紙吹雪が舞い、
TEENTOPと過ごす楽しい夏休み気分は最高潮に達した。


TeenTop:ing!!!!!


(c)KNTV

ダンスだけでもないし、歌だけでもない、その二つが絶妙にまじりあって、息をつく間もなく、
次から次へと繰り広げられる構成は見事。生のライブを見に来ている満足感を与えてくれる。
TEENTOPはまだもっと何か見せてくれそうだ、という可能性の伸びしろが感じられるのだ。
何よりステージの上でパフォーマンスしていること自体が嬉しくてたまらない様子のTEENTOPメンバーを
見ていると、知らず見る方も体を動かしてしまう。回を重ねるごとにスペックを上げていくステージングとは
裏腹に、曲間、MCなどでのぞかせる彼らの素顔は無邪気そのもの。
そのギャップもまたファンたちをひきつけてやまないのだろう。
のびのびとした彼らの個性がどう進化していくのか、次のステージではいったい何を見せてくれるのか、
今から楽しみで仕方がない。



SeTlist(14日)

1. Walk by…
2.僕と付き合う?(Be ma girl)

MC
3. Summer Time Love(EXILE)
4.香水をつけないで
5. Girl Friend

MC
6.手の甲がかすめる
7. Hello
映像
8. Mr.Bang
9. Hey Porshe(Nelly)
10. Where’s Ma Girl

MC
11.寒い(Epik High)
12. Say Good Bye(Chris Brown)
13. Butterfly(Jason Mraz)
14.愛がほしい(パク・ヒョシン)
映像
15. Missing You
16. Stop Girl
17. To You

MC
18. Supa Luv
19. 拍手(Clap)
映像
20. Miss Right
21. I wanna love
22. Why

MC
23.CRAZY
アンコール
24. Angel
25. So Sweet



◆放送情報◆

『レッツゴー!夏休み!TEENTOP SUMMER SPECIAL CONCERT』

10月  KNTVで日本初放送



TEENTOP ジャパンオフィシャルファンクラブ

http://www.teentop.jp/


(http://gam-mag.jp/2013/07/25/%e3%80%90%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%80%91%e9%80%b2%e5%8c%96%e3%82%92%e7%b6%9a%e3%81%91%e3%82%8bteentop%e3%80%81%e3%80%8e%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%84%e3%82%b4%e3%83%bc/より)


*********************************************


読むと思いだす…夏の記憶…。素敵な文章、ありがとうございましたーー!!!!



さてさて、ハワイに行っているてぃんたぷちゃんですが、

なにやらMVではないような(・∀・)

2:2:2に分かれて何かの番組撮影をしているらしい…とのこと(・∀・)

チャニエル、ジョブラザーズ(チャンジョ&エルジョ)、けぷりき…の模様^^

もし夏の曲が出るとしたら、MV撮影ちょっと遅くない??と思っていたけど、
やっぱり何かの撮影っていうのが有力なのかな?
Mnetだったら、ミチゲッソの時のシークレットアイランドみたいな感じになるのかな??
わー!そうだったらめちゃくちゃ楽しみ(^ω^≡^ω^)!!!

番組をハワイで撮るなんて、お金かかっててすごい!
どんなはちゃめちゃ見せてくれるのか…楽しみ♡この組み合わせだったら…注目はチャニエルかな(○゚∀゚)b


…と思いきやMVも撮っていたりしてね!!!!

謎は謎のままのほうが楽しいね^^

関連記事
2013.07.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://lovelyricky0227.blog.fc2.com/tb.php/2116-796a7d10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。